カンタン5分で完成する高血圧予防に摂りたいえのき茸と血管を作るのに必要なタンパク質が豊富なを使った一品です。今回は黒胡椒独特の風味と辛味が味を締めるポイント。色合いに万能ねぎを使ってえのき茸の白色と卵の黄色、万能ねぎの緑色の色合いが綺麗な料理です。

スポンサーリンク

料理で使う材料と調味料の紹介

【材料(二人前)】
えのき茸 80グラム
卵Mサイズ2個 100グラム
万能ねぎ 数本
※万能ねぎは色味のため加えています。苦手な方は入れなくてもOK

【調味料】
白砂糖 小さじ1杯
ひまわり油 小さじ1杯

えのき茸と卵炒めの材料

料理に含まれる主な成分

二人前の成分
カリウム: 402.1mg
ナトリウム: 141.6mg(0.36g相当)
マグネシウム: 23mg
カルシウム: 51mg
リン: 268mg
タンパク質: 14.5mg
カロリー: 217kcal

一人前の成分
カリウム: 201mg
ナトリウム: 70.8mg(0.18g相当)
マグネシウム: 11.5mg
カルシウム: 25.5mg
リン: 134mg
タンパク質: 7.2mg
カロリー: 108.5kcal

えのき茸の卵炒めの成分グラフ

えのき茸と黒胡椒の卵とじの調理手順

手順1
えのき茸の石ずき部分をカットして、残り部分を半分にカットします。
えのき茸カットする

手順2
卵を割ってかき混ぜます。

手順3
ミジン切りにした万能ねぎと砂糖小さじ1杯を加えて混ぜ合わせます。
※万能ねぎは色味なのでネギが苦手な方は入れなくても問題ありません。
卵と調味料を混ぜる

手順4
フライパンを強火で熱してヒマワリ油を小さじ1杯入れます。
プライパンに油を入れる

手順5
熱が通った所で中火にしてえのき茸を投入します。
プライパンにえのき茸を入れる

手順6
えのき茸がしんなりするまで炒めます。
えのき茸をしんなり炒める

手順7
しんなりなった所で溶いた卵を投入します。
卵とえのき茸を合わせる

手順8
えのき茸と卵を素早く混ぜ合わせます。
エノキを炒める

手順9
混ぜ合わせて熱が通った所で黒胡椒をお好きな分量かけます。
プライパンでえのき茸と卵を混ぜる

手順10
お皿に移して完成です。
黒胡椒をまぶしたえのき茸の卵炒め

えのき茸と黒胡椒の卵とじの調理の注意点

えのき茸がしんなりなった後に溶き卵を加えますが、手早くかき混ぜ合わせるとえのき茸と卵がよくまとまります。お弁当などに入れる場合は熱をよく通しておきましょう。

えのき茸と黒胡椒の卵とじの味のポイント

黒胡椒を最後に加えることで黒胡椒の風味と辛さが楽しめます。卵が固まる前に黒胡椒を入れると卵の膜で黒胡椒が閉じ込められるので風味が弱く仕上がります。調理の最後に加えましょう。

えのき茸と黒胡椒の卵とじの食材のポイント

えのき茸にはカリウムが100グラム中340mgとキノコ類での上位の含有量です。カロリーも低く味が淡白なえのき茸は調理しやすく食物繊維も豊富ですので整腸作用も期待でき、卵には血管作りに大切なタンパク質、カリウムも豊富。えのき茸の相性も良いので一緒に調理して使って欲しい食材です。
関連記事「食物繊維が豊富で淡白な味は調理しやすさ抜群キノコ。えのき茸」「タンパク質やミネラル分など栄養素が豊富。簡単調理に使える鶏卵」をご覧ください。