卵には食物繊維とビタミンC以外の栄養素を含んでいる食材で、高血圧予防で必要なカリウム、カルシウム、マグネシウム、タンパク質が全て含まれています。調理方法としても茹でる、炒める、溶いて混ぜ合わせるなど調理が行いやすく、他の食材と合わせやすい食材です。

スポンサーリンク

高血圧予防で気になる、卵の主な成分と成分グラフ

カリウム: 130mg
ナトリウム: 140mg
マグネシウム: 11mg
カルシウム: 51mg
リン: 180mg
タンパク質: 12.3g
カロリー: 151kcal

卵の成分や効用、料理のポイント

高血圧予防に嬉しいカリウム、カルシウム、マグネシウム、タンパク質が含まれているので、普段の調理に使って欲しい食べ物です。カリウムが豊富なキノコ類や卵・苦瓜と・ほうれん草などと炒める、豆腐と混ぜて炒り卵など簡単に調理ができる食材です。目玉焼きやゆで卵など単純に卵だけで調理も可能ですが、他の食材と合わせると更にミネラル分やタンパク質を併せて摂ることができます。

たまごレシピリンク