鶏むね肉を使ったバンバンジーサラダです。今回減塩ではない普通のごまドレッシングを使いましたが、お酢と鶏むね肉からでた肉汁を煮詰めてドレッシング量をかさ増しして塩分量を減らしています。鶏むね肉にはキュウリとミニトマトを合わせてカリウム量を増やしています。

スポンサーリンク

料理で使う材料と調味料の紹介

【材料(二人前)】
鶏むね肉 1/2枚 110グラム
キュウリ 1本 100グラム
ミニトマト 140グラム

【調味料】
キューピー煎りごまドレッシング 小さじ2杯
お酢 小さじ1杯
調理酒 小さじ1杯
鶏むね肉の残り汁

バンバンジーサラダの材料一覧

料理に含まれる主な成分

二人前
カリウム:991.2mg
ナトリウム:557.4mg(1.416g相当)
マグネシウム:63mg
カルシウム:47.3mg
リン:296.7mg
タンパク質:27.1g
カロリー:219kcal

一人前
カリウム:495.6mg
ナトリウム:278.7mg(0.708g相当)
マグネシウム:31.5mg
カルシウム:23.7mg
リン:148.4mg
タンパク質:13.5g
カロリー:109.5kcal

鶏むね肉のバンバンジーサラダの成分グラフ

鶏むね肉のバンバンジーサラダの調理手順

手順1
鍋に水を張り、お湯を沸かします。

手順2
鶏むね肉は繊維を残しながら切るようにカットします。
鶏むね肉を切る

手順3
カットした鶏むね肉は、ジップロック等の耐熱性のある袋に入れます。
切り分けた鶏むね肉を袋に入れる

袋に入れた状態の鶏むね肉

手順4
お湯が沸いたら火を止めて、鍋に鶏むね肉の袋を入れて熱を通します。
鶏むね肉を湯煎する

手順5
熱を入れている間にキュウリを千切りにします。

手順6
鶏むね肉に熱が通った所で、袋を取り上げて鶏むね肉を手で裂きます。
※袋に残っている鶏むね肉汁は、ドレッシングにに使います。

手順7
お酢・鳥の汁・調理酒を混ぜ合わせて電子レンジで1分ほど加熱して、加熱後にごまドレッシングを混ぜ合わせます。
ごまドレッシングにお酢を合わせる

手順8
ミニトマト、千切りしたキュウリと手で割いた鶏むね肉を皿に載せて、作ったドレッシングをかけて完成です。
鶏むね肉のバンバンジーサラダ完成

鶏むね肉のバンバンジーサラダの調理の注意点

鶏むね肉は繊維を残して割きやすくカットして下さい。鶏むね肉は熱が通り過ぎると硬くなりやすいので、ゆっくり湯煎で熱を通します。切り分けた鶏むね肉の大きさにもよりますが8分程度熱を通します。熱の通りが悪い場合は更に湯煎の時間を伸ばして下さい。湯煎で袋の中に出た鶏むね肉の肉汁はドレッシングに利用します。鶏むね肉は割くことで、少ない調味料でも全体に味が絡みやすくなります。

鶏むね肉のバンバンジーサラダの味のポイント

ドレッシングに使うごまドレッシングは塩分が多いので、お酢・調理酒・鶏むね肉の肉汁を加えて、全体の塩分量を薄くしつつ、ドレッシングの全体量を増やします。

鶏むね肉のバンバンジーサラダの食材のポイント

鶏むね肉は血管を作るのに必要なタンパク質キュウリにはナトリウム排出に必要なカリウムが意外と含まれています。ミニトマトは普通のトマトよりカリウム、マグネシウム、カルシウムが多く含まれています。カットする手間も要らないので、トッピングにはミニトマトを使う方が便利です。