ポイントはニンニクとバルサミコ酢で風味を付けた点。おくらにはカリウム、マグネシウム、カルシウムが豊富です。オクラのネバネバ成分のペクチンには整腸作用を促し、動脈硬化に影響するコレストロールを排出する作用があります。豚ヒレ肉はタンパク質が多く血管を作る上で必要な成分です。脂質も少ないのでカロリーを抑えて調理ができる食材です。

スポンサーリンク

料理で使う材料と調味料の紹介

【【材料(一人前)】
豚ヒレ肉 120グラム
おくら 5本 50グラム

【調味料】
ニンニク一欠 5グラム
バルサミコ酢 小さじ1杯
減塩塩コショウ 3振り
ひまわり油 小さじ1杯

バルサミコ酢炒めの食材一覧

料理の含まれる主な成分

【カリウム: 660.5mg
ナトリウム: 128.6mg(塩分0.327g相当)
マグネシウム: 60.9mg
カルシウム: 51.4mg
リン: 312.6mg
タンパク質: 28.8mg
カロリー: 203.4kcal
バルサミコ酢炒めの成分グラフ

おくらと豚肉の醤油とバルサミコ酢炒めの調理手順

手順1
豚ヒレ肉は一口大にカットします。
一口大の豚ヒレ肉

手順2
おくらのヘタを切り落とします。
ガクを取ったオクラ

手順3
おくらを乱切りします。
乱切りにしたオクラ

手順4
ニンニクの皮を剥いて、薄切りします。
ニンニクの薄切り

手順5
フライパンを中火で熱してひまわり油を入れます。

手順6
熱したフライパンにニンニクを入れて香りを出します。
フライパンでニンニクを炒める

手順7
ニンニクの香りがでた所で豚ヒレ肉を入れます。
豚ヒレ肉を炒める

手順8
豚ヒレ肉を両面の色が変わるまで炒めてオクラを入れます。
オクラを投入して炒める

手順9
オクラを入れて1分ほど炒めます。
オクラと豚ヒレに熱をじっくり通す

手順10
全体の具材を混ぜ合わせて炒めた後で、塩コショウを振りバルサミコ酢を小さじ1杯入れ具材に調味料を馴染ませます。
バルサミコ酢を混ぜて完成

手順11
皿に移して完成です。
豚ヒレ肉とオクラのバルサミコ酢炒め完成

おくらと豚肉の醤油とバルサミコ酢炒めの調理の注意点

フライパンは中火で熱を入れて、ニンニクが焦げないように注意します。バルサミコ酢は風味が飛ばないように最後の仕上げに具材に混ぜ合わせます。

おくらと豚肉の醤油とバルサミコ酢炒めの味のポイント

味のポイントはバルサミコ酢とニンニクです。バルサミコ酢とニンニクの香りが豚ヒレ肉に合います。普通のお酢でも調理できますがバルサミコ酢は旨味が強いため美味しく調理できます。

おくらと豚肉の醤油とバルサミコ酢炒めの食材のポイント

おくらにはナトリウム排出に効果的なカリウム、マグネシウム、カルシウムが豊富。バルサミコ酢を含むお酢には血管を拡張する働きがあり血流を良くすることで血圧を下げる効果が期待できます。ニンニクには血液サラサラ成分のアリシンが含まれています。