フライパンに引いた油で軽くクミンシードを加熱して香りを出すのがポイントです。ほうれん草は先に根本から加熱すると、全体がしんなりと柔らかくなります。クミンシードとの相性もよりので炒めて食べてみて下さい。

スポンサーリンク

料理で使う材料と調味料の紹介

【材料(二人前)】
ほうれん草 250グラム

【調味料】
クミン 小さじ1杯
ガラスープの素 小さじ1/2杯
ひまわり油 小さじ1杯

ほうれん草の紹介

料理に含まれる主な成分

二人分の成分
カリウム:1,235.7mg
ナトリウム:190.2mg(0.483g相当)
マグネシウム:102.2mg
カルシウム:178.1mg
リン:107.5mg
タンパク質:6.6g
カロリー:105.9kcal

一人分の成分
カリウム:617.9mg
ナトリウム:95.1mg(0.242g相当)
マグネシウム:51.1mg
カルシウム:89mg
リン:53.8mg
タンパク質:3.3g
カロリー:52.9kcal

クミンのほうれん草炒めの成分グラフ

クミンの香り薫るほうれん草炒めの調理手順

手順1
ほうれん草を水洗いして、根の部分を切り落として本体を半分に切ります。
カットしたほうれん草

手順2
フライパンを熱して、油を引きます。

手順3
油が熱した後にクミンの粒を投入します。
クミンを入れたフライパン

手順4
クミンから香りが漂ってきたら、ほうれん草をフライパンに入れます。
※火が全体に通るように先に葉元の部分を入れて、その後に葉先の部分を入れます。

手順5
箸を使ってほうれん草を和えて熱が全体に馴染むように和えます。
炒めたほうれん草にクミン投入

手順6
しんなりとした所で鶏がらスープの素を一振りして馴染ませます。

手順7
皿に移して完成です。
ほうれん草のクミン焼き完成

クミンの香り薫るほうれん草炒めの調理の注意点

ほうれん草の葉元、葉先は熱の通りが違うので葉元を先に入れてから、葉先を後で入れて熱を入れると、ほうれん草全体に熱が通ります。

クミンの香り薫るほうれん草炒めの味のポイント

熱した油にクミンの粒(クミンシード)を投入する事で香り豊かになります。必要であればニンニクのミジン切りを一欠入れても風味がまして美味しく仕上がります。

クミンの香り薫るほうれん草炒めの食材のポイント

ほうれん草にはカリウムが100グラムあたり490mg含まれ、今回調理で使ったスパイス、クミンは余り馴染みのない調味料ですが、ダイエットにも有効と言われているスパイスの一つでほうれん草との相性もよいです。クミンは肉や魚との相性も良く是非使ってみて下さい。クミンには高血圧予防に嬉しいカリウム、マグネシウム、カルシウムが豊富に含まれ、ほうれん草にもカリウムが豊富ですので併せて調理するのはオススメです。