昆布の水塩 海は昆布、鰹節、椎茸、帆立の貝柱などのうま味を加えた調味料。別タイプのはハーブや香辛料が含まれています。今回は昆布の水塩海タイプ(150ml)を購入してみましたが、海以外の種類に玄、森と種類があり、各つめかえ用パック(280ml)も販売されていて経済的にボトル交換もなく環境に優しくエコに利用ができます。利用方法としては醤油を使う代わりに昆布の水塩をワンプッシュ。鯖やサンマに塩を振らずに焼いた後にプッシュして味付け、ドレッシング代わりにワンプッシュなど利用ができます。

スポンサーリンク

昆布の水塩の調味料のポイント

賞味期限1年半 1ボトル容量150ml 約700回ていど利用できます。各種類で塩分濃度が違い、含まれるミネラル量も違います。

昆布の水塩の気になる栄養成分

昆布の水塩 海17%の場合
1プッシュで塩分相当量0.03グラム
(ナトリウム換算11.81mg)

昆布の水塩 森15%の場合
1プッシュで塩分相当量0.03グラム
(ナトリウム換算11.81mg)
昆布のうま味にハーブ、香辛料が加えられた水塩です。

昆布の水塩 玄25%の場合
1プッシュで塩分相当量0.05グラム
(ナトリウム換算19.69mg)

各種類の数値は塩分濃度のパーセント表示です。
※各塩分量は販売物の松前屋Amazonサイト情報です。

昆布の水塩を使った料理レシピのご紹介

焼き鯖や焼きサンマに塩を振らずに焼きあがりにプッシュして味付け。肉や魚の下味、刺し身やカルパッチョの仕上げ、おにぎりの味付け、冷奴に醤油の代わりに。

昆布の水塩レシピリンク