塩こうじを使って鶏むね肉を柔らかく仕込んで焼いてみました。塩こうじは名前通り塩が含まれているので今回は減塩タイプの塩こうじを使って塩分を少なめにしています。塩こうじを使うと肉が柔らかくなりうま味が増します。冷めても美味しいのでお弁当の一品にも使えますよ。

スポンサーリンク

料理で使う材料と調味料の紹介

【材料(二人前)】
鶏むね肉 1枚 360グラム
トマト 1個 140グラム

【調味料】
減塩塩麹 大さじ2杯

料理に含まれる主な成分

二人前
カリウム:1,554mg
ナトリウム:1,163.4mg(2.955g相当)
マグネシウム:109.8mg
カルシウム:24.2mg
リン:756.4mg
タンパク質:82.1g
カロリー:463.3kcal

一人前
カリウム:777mg
ナトリウム:581.7mg(1.478g相当)
マグネシウム:54.9mg
カルシウム:12.1mg
リン:378.2mg
タンパク質:41.1g
カロリー:231.6kcal

鶏むね肉の塩麹炒めの調理手順

手順1
鶏むね肉は三分割にカットします。

手順2
鶏むね肉は繊維を切るようにカットします。

手順3
カットした鶏むね肉は、ジップロック等の耐熱性のある袋に入れます。

手順4
減塩の塩麹を袋に入れて揉み込みます。

手順5
揉み込んだ袋は味が1時間ていど、染み込むまで冷蔵庫で寝かします。

手順6
プライパンに鶏むね肉を乗せて、両面の色が白く変わるまで焼き上げます。テフロン加工の場合は、油を引かなくても焼けますが、塩麹が焦げやすいので中火で注意しながら焼きましょう。

手順7
焼きあがった鶏むね肉をお皿に乗せ、彩りのトマト合わせて完成です。

鶏むね肉の塩麹炒めの調理の注意点

鶏むね肉は繊維に沿って切ると食べにくいので繊維を分断するようにカットします。今回利用した減塩塩こうじは鶏むね肉は素材に対して約10対1の割合で混ぜて使います。塩こうじは焦げやすいので、プライパンは中火で熱して下さい。鶏むね肉の色が白く変わるまでしっかり焼きましょう。塩麹を入れると肉が柔らかく、肉の旨味が引き立ちます。

鶏むね肉の塩麹炒めの味のポイント

塩麹のみで十分美味しく味わえます。それでも足りないと感じたら胡椒を振りましょう。

鶏むね肉の塩麹炒めの食材のポイント

鶏むね肉は繊維を切るようにして包丁でカットします。繊維を断ち切るので柔らかくなります。