身近な野菜、ほうれん草。一年中スーパーで入手することができ調理しやすい野菜の一つです。ほうれん草にはミネラルのカリウムが豊富で高血圧予防に嬉しい野菜ですが、カリウム以外に栄養素βカロチンが豊富で動脈硬化や心筋梗塞の抑制に期待ができます。調理もしやすい野菜なので高血圧が気になる方は積極的に食べるようにしましょう。

スポンサーリンク

高血圧予防で気になる、ほうれん草の主な成分と成分グラフ

カリウム: 490mg
ナトリウム: 10mg
マグネシウム: 40mg
カルシウム: 69mg
リン: 43mg
タンパク質: 2.6g
カロリー: 25kcal
ほうれん草の成分グラフ

ほうれん草の旬の時期

ほうれん草の旬は11月~1月の冬。色も深く栄養価も高いです。

ほうれん草の成分や効用、料理のポイント

ほうれん草にはカリウム以外にβカロチンが豊富に含まれます。Βカロチンは活性酵素を抑えて動脈硬化を防ぎます。調理方法としてほうれん草のおひたし、鶏肉と牛乳の煮込み、炒め物などの調理で使えます。ほうれん草はベーコン炒めが有名ですが、ベーコンには塩分が多く含まれているので注意を。またカリウムなどのミネラルは水に溶けやすいので洗う場合はカット前に洗うようにして調理して下さい。

ほうれん草レシピリンク