苦瓜にはカリウムが多く含まれ、カロリーも低い野菜です。他の野菜や卵、肉類、豆腐などの食材と相性がよく調理がし易い食材です。また苦瓜を使ったお茶もあり、外食が多いビジネスマンやカリウム摂取が不足している方には補助食品として利用価値が高いです。

スポンサーリンク

高血圧予防で気になる、苦瓜の主な成分と成分グラフ

カリウム:260 mg
ナトリウム:1 mg
マグネシウム:14 mg
カルシウム:14 mg
リン:31 mg
タンパク質: 1 g
カロリー:17 Kcal
苦瓜のカリウム・マグネシウム・カルシウム成分グラフ

苦瓜の旬の時期

旬の季節は夏。ハウス物の苦瓜もあり一年を通して購入する事が可能ですが、夏の苦瓜は価格も安定しており、栄養価も高いです。

苦瓜の成分や効用、料理のポイント

苦瓜は沖縄では「ゴーヤ」と呼ばれる野菜で、名前の通り苦味があり人によっては癖を感じる野菜ですが、カリウム含有量が高く血圧を気にするアナタには大切な食材の一つです。

苦瓜には免疫力を高めるビタミンCが多く含まれ、苦味成分には血糖値を下げる効果があると言われています。

ゴーヤチャンプル等の炒め物和え物やサラダなどの前菜に使える食材です。苦瓜のシャキシャキとした歯ごたえを楽しんでもらえればと思います。カリウムは水に溶けやすく水にさらすと成分が失われます。そのため茹でたり、塩もみをすると養分が失われるので注意しましょう。
苦瓜レシピリンク"

また苦瓜は調理食材としての利用方法以外に、苦瓜茶と呼ばれる苦瓜を使ったお茶があります。外食が多く塩分摂取が気になる場合は、苦瓜茶を飲むことでカリウム摂取の補助食品として利用することが可能です。