さっぱり味のポン酢を使ったカンタンに調理ができる副菜です。ミョウガには高血圧予防に効果があるミネラルのカリウム・マグネシウム・カルシウムの三種、ミョウガと合わせる鶏むね肉は血管を作るタンパク質が含まれます。鶏むね肉は熱を加えるとパサツク食材なので熱を加えすぎないように調理するのがポイントです。

スポンサーリンク

料理で使う材料と調味料の紹介

【材料(二人前)】
鶏むね肉 1/2グラム 70グラム
みょうが 40グラム

【調味料】
食塩無添加 ゆずポン酢 大さじ2杯

ミョウガと鶏むね肉の和え物一覧

料理に含まれる主な成分

二人分
カリウム:392mg
ナトリウム:38.2mg(0.097g相当)
マグネシウム:30.9mg
カルシウム:12.8mg
リン:172.4mg
タンパク質:17.3g
カロリー:97.8kcal

一人分
カリウム:206.5mg
ナトリウム:19.2mg(0.049g相当)
マグネシウム:17.0mg
カルシウム:7.7mg
リン:86.8mg
タンパク質:8.7g
カロリー:49.5kcal

みょうがと鶏むね肉のポン酢和え成分グラフ

みょうがと鶏むね肉にぽん酢和えの調理手順

手順1
白雪鍋に水を張って、お湯を沸かします。

手順2
一枚の鶏むね肉を使うと分量が多いため、1/2から1/3にカットします。
食べやすい大きさに切る

手順3
お湯が沸いたら火を止めて、カットした鶏むね肉を鍋に入れて火を通します。10分程度で火が通りますが、肉の大きさ季節で少し変動します。※火を止めるのは、肉が硬くなるのを防ぐためです。
鶏むね肉を熱を通す

手順4
みょうがはヘタをカットします。
鶏むね肉をお湯から出す

手順5
ヘタを切り取った後は、みょうがを縦に千切りします。
※土が残っている場合は、千切りしたみょうがは水にさらします。

手順6
湯引きした鶏むね肉は手で繊維に沿って手で割きます。
鶏むね肉を手で割く

手順7
手で割き終わった鶏むね肉は、みょうがと合わせます。
ミョウガと鶏むね肉を混ぜます

手順8
最後に「食塩無添加 ゆずポン酢」を大さじ2杯混ぜて完成です。好き好きでゴマを掛けましょう。
ミョウガと鶏むね肉のポン酢和え完成

みょうがと鶏むね肉にぽん酢和えの調理の注意点

鶏むね肉に火を通す際には肉が硬くならないように火を止めて熱を通します。冬などは冷めやすいので、弱火で温めたり保温状態を保つようにして火を通します。鶏むね肉は繊維に沿って手で食べやすい大きさに割きます。みょうがは土が残っている場合があるので、土が付いている場合は少し水にさらして土を取ります。

みょうがと鶏むね肉にぽん酢和えの味のポイント

塩分が一切ない食塩無添加 ゆずポン酢で味を整えます。味気ない場合は少しお砂糖を加えて味の深みを加えるのもいいです。追加でゴマを足すと風味が増します。

みょうがと鶏むね肉にぽん酢和えの食材のポイント

ミョウガがポイントです。ミョウガにはミネラルの三種類、カリウム・マグネシウム・カルシウムが含まれます。鶏むね肉はカロリーが肉類では低めで血管を作るのに必要なタンパク質を多く含む食材です。